らうぜ!
全国…いや、万国ツアー2006『生きることとみつけたり!!』は、陰陽座の「今年はとにかくライヴをやるのだ!」という意気込みをそっくりそのまま形にしたものです。例えるなら、カルピスが飲みたい!と思い立ち、25mのプールに何百本分もの原液を投入すると同時に自分も飛び込み、混ぜるのを兼ねて泳ぎながら飲み干す!という感じ。分かります?分かりますよね。“例え話番長”の僕としては会心の例えです。つまり、25mのプール一杯の水に対してカルピスの原液が何本分必要かは計算しない!(そこのアナタ!計算しないで!)そもそも飲みきれるかどうか分からない!途中で力尽きて溺れるかもしれない!といった諸問題をすべて無視し、とにかく“やろうとしていること”に向かって驀進する。という意気込みが表れているわけです。そんな無鉄砲もたまにはいいじゃないですか、たまには。そう何度もできることじゃなし、やるとしたら正に今しかない!とメンバー全員一致で確信したのです。新旧織り交ぜた目眩くセットリストと熱すぎる魂の渦で、皆さんの魂を焼いて、炙って、焦がして、そして喰らうぜ!

 それでは本日開幕のツアー『生きることとみつけたり!!』をどうぞよろしくライド!オン!
| - | 00:59
めちゃ
いよいよ明日、ツアー『生きることとみつけたり!!』がスタートします!記念すべき初日の恵比寿公演をお見逃しなく!!

 今回のツアーから初お披露目となる新しいベース、その名も「Yoshi-TUNE【義経】<用心棒>」です。僕のメイン・ベースである「義経」をベースに「弁慶」と同じEMGピックアップを搭載し、めちゃくちゃ頼りになりそう!という気持ちを込めてつけたのがこの名前です。ほとんど「義経」と同仕様ですが、表面の塗装のフィニッシュがテカリのないマットなフィニッシュであるというところが大きな違いです。ステージでテカリのない「義経」を弾いているのを見たらコイツだと思ってください。「義経」「義経<影武者>」と共に、どうぞご贔屓に!

 ではみなさん、明日恵比寿リキッドルームでお会いできるのを楽しみにしているぜライドン!!!
| - | 00:25
あとは
ツアー『生きることとみつけたり!!』の猛リハーサルも滞りなく終了。あとは恵比寿リキッドルームでのツアー初日で爆裂するのを待つのみとなりました。束の間、本番に向けて体調を整えたりしたいと思います。

 曲によっては指でも弾きます。ピック弾きへのこだわりは人一倍強いですが、個人的なこだわりよりもバンドと楽曲への貢献度を優先したいので、それも辞さず、ということで。といっても指で弾く曲はかなり限られた数曲しかないですけどね。どのくらい少ないかといえば、ライヴを見ていても見逃すくらいです。…少な!
| - | 02:41
にゃー
悪霊退散にゃー!?
| - | 12:33
まいど
ゴングバスの向こうから、まいど、斗羅でございます。
| - | 00:02
いくぞ
いくぞ!
 フュージョン!!
| - | 00:33
より
細かいやりとりがしやすいよう円陣を組んでおこなっていたリハーサルを、より本番に近い状況にするため横一列(ステージセッティングと同じ配置)にしました。こうするとライヴが近づいているという実感が少しだけ湧いてきて、ちょっとバビバビしますね。
| - | 02:53
おきたい
さあ今日からまたツアーに向けて猛リハーサルの続きです。もうツアーは目前!ということで、追い込み段階に入っていきます!リハーサルでの重要な項目として、演奏の練習だけではなくツアーに持っていく各機材の状態をチェックするというものがあります。何せ長いツアーですから、途中で何事もないように、また、万が一何かあったとしてもどうにか対処できるようにしておきたいですからね。

 そういうことをやっているときの気分は、たぶん遠足の前日に決められた予算内で失敗のないよう入念におやつを選び、それを一つ一つ確かめながらリュックに詰めているときの気分と同じです。
| - | 00:53
まったり
猛リハーサル中のひとときの休息。こんなときはマイクの手入れをする好機!ということで、今日はマイクのグリルボールのクリーニングなどの地味な作業を中心に、まったりと過ごしました。地味な作業といっても、むしろ大好物ではあるんですけどね。使用機材の面倒を見るのは、充実感と爽快感に満ちていて心が和みます。

 昼過ぎまで晴れていたので「もう台風は行っちゃったのか」と安心していたらいきなりの土砂降り!休みだからって外出しなくてよかった…。
| - | 01:05
すぐに
本当に台風が来ましたね!すぐに通り過ぎてくれるみたいですが、あまり猛威を振るわないでくれることを祈りますライドン!
| - | 01:40