<< とはいえ | main | うっかり >>
むしろ
週末雨に見舞われたせいで散ってしまうかと思った桜でしたが、意外にそこそこ残っているなぁと思いきや、今度は連日の強い風にさらされてやはり散りまくっていますね。「月に叢雲花に風」とはこのことです。でも、儚く散るからこそせめて咲いている間に精一杯愛でようという気持ちが生まれるわけですし、むしろ桜が散らない花だったとしたら、誰もお花見なんてしようと思わなかったかもしれませんね。このことは、桜に限らず此の世の全てに対して言えることですが…という話は以前ライブのMCで言ってたじゃんというツッコミは真正面から無視だ!オジちゃんはね、春になって桜を見るとこの話をしたくなるんだよらいどん。
| - | 10:15